SAMPLINGとHIPHOPと私。

追記したらTwitterでお知らせしますよ。

やはり Frameworks はスルーできない。

最近発売されましたね。

Frameworks のNEWアルバム 「KINGS」。

Kings

Kings

待っておりました。

 

過去作品も一通りチェックしてますのでね、私。

結構ファンです。

 

さかのぼって書きますと、まずこのアルバムを聴いたのがきっかけでした。

Tides(2015年発売)

Tides

Tides

美しいメロディと荘厳な世界観。

面白い映画を見てるように、ぐっと音の世界に引き込まれてしまいます。

 

中でも私のイチオシはコレ。

 Patience

この曲を聴いて、

「ああ、このアルバムは買いだ。」と思いましたね。

圧巻です。

 

あとコレも。

Breathing Light

小気味よく頭を振れるテンポの速さと

少し切なげなメロディがツボでしたね。

このアルバムで味をしめた私は、他にも良い曲はないか探してみました。

 

んで、発見。

Rotterdam

(アルバム「Vanish EP / 2012年発売」より) 

Branches

(アルバム「Branches - EP / 2015年発売」より)

この2曲を見つけた頃にはもうすっかり虜です。

 

そして今回のNEWアルバム「KINGS」

Kings

Kings

こちらもきちんと期待に答えてくれました。

コレ、もちろんアルバム通してオススメなんですが

しいて挙げれば以下の3曲が特にお気に入りです。

Kings

Kings

Kings

Three Years 

Three Years

Three Years

Titles 

Titles

Titles

この儚く涼しげなGROOVEはむしろ夏の暑い気温の日にこそ聴くべきでしょう。

きっと体感温度を2~3度下げてくれるハズです。

やはりFrameworksは要注意。

なので今後も新曲が出たらチェックするつもりです。

 

ではまた☆