読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAMPLINGとHIPHOPと私。

iTunes StoreとBandcampから、おススメの音楽を紹介します。

トラックが渋い90’sHIPHOPを3つ挙げてみました。

前回は「トラックが渋い日本語ラップを紹介させて頂きましたが

今回はそのUS版で行こうと思います。

 

まずはコチラ

Greg Osbyのアルバム「3-D Lifestyles」より

God-Man Cometh◆

God-Man Cometh

God-Man Cometh

  • グレッグ・オズビー
  • ジャズ
  • ¥150

 この30秒試聴では分かりませんが、このあとラップも乗ってきます。

インストではありませんw

 

続いてコチラ

JUSTICE SYSTEMのアルバム「Sounds of the Rooftop」 より

◆Summer in the City◆

Summer In the City

Summer In the City

  • Justice System
  • ジャズ
  • ¥150

数々のMIXに収録されている90’sCLASSIC。

JAZZY HIPHOPってこういう曲を言うんでしょうね☆

 

 最後はコチラ

コンピレーションアルバム「Only for the Real DJ vol.3」より

World Renown「How Nice I Am 」◆

How Nice I Am

How Nice I Am

  • World Renown
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200

 こちらも数々のMIXに収録されている名曲ですね☆

トラックの渋み・JAZZY感・哀愁の漂い加減

3拍子そろった傑作です。

この3曲の中ではコレがダントツで好きですね☆

 

シャッフル再生してる時にこの曲がかかると

思わず「ニヤ」っとしてしまいます(笑)

 

以上「トラックが渋い90’sHIPHOPを3つ挙げてみました。」でしたw

ではまた!!