SAMPLINGとHIPHOPと私。

おススメの音楽を紹介します。アルバム紹介などまとまった内容はこのBLOGで。1曲単位だとTwitterに書いてますので宜しければそちらも。

やはり Frameworks はスルーできない。

最近発売されましたね。

Frameworks のNEWアルバム 「KINGS」。

Kings

Kings

待っておりました。

 

過去作品も一通りチェックしてますのでね、私。

けっこーファンです。

 

◆◆◆◆◆

さかのぼって書きますと、

まずこのアルバムを聴いたのがきっかけでした。

Tides

Tides

美しいメロディと荘厳な世界観。

面白い映画を見てるように、

ぐっと音の世界に引き込まれてしまいます。

 

中でも私のイチオシはコレ。

忍耐

忍耐

この曲を聴いて

ああ、このアルバムは買いだ、と思いましたね。

圧巻です。

 

あとコレも。

ブリージング ライト

ブリージング ライト

 小気味よく頭を振れるテンポの速さと

ちょっと切なげなメロディがツボでしたね。

 

このアルバムで味をしめた私は

他にも良い曲はないか

探してみました。

 

んで、発見。

 

2012年発売「Vanish EP」より。

ロッターダム

ロッターダム

  • Frameworks
  • エレクトロニック
  • ¥200

 

2015年発売「Branches - EP」より。

Branches

Branches

  • Frameworks
  • エレクトロニック
  • ¥200

 この2曲にたどり着いた頃には

もうすっかり虜です。

 

 ◆◆◆◆◆

そして今回のNEWアルバム「KINGS」

Kings

Kings

こちらもきちんと期待に答えてくれました。

 

基本、切ない曲、哀愁漂う曲、は私のツボなので

アルバム通して(アルバムまるごと)オススメなんですが、

しいて挙げれば以下の3曲が特に良かったです。

Kings

Kings

Three Years

Three Years

Titles

Titles

この儚く涼しげなGROOVEは

むしろ夏の暑い気温の日にこそ聴くべきでしょう。

きっと体感温度を2~3度下げてくれるハズです。

知らんけど。

 

とにかく「Frameworks要注意」説、が私の中で

確固たるものになりましたので。

今後も新曲が出たらチェックするつもりです。

 

ではまた☆