SAMPLINGとHIPHOPと私。

追記したらTwitterでお知らせしますよ。

People Without Shoes は健在ですね。

90年代に活躍して

その後しばらくなりを潜め、

近年再び活動をはじめたアーティスト。

最近ちょこちょこ目にしますが。

そんなアーティストの一人が

People Without Shoes ではないでしょうか?

 

昔の曲ですが

私も1つだけ特に気に入ってる曲がありましてね。

それがコレ。

ESCAPE THE STREETS

ESCAPE THE STREETS

  • People Without Shoes
  • イースト・コースト・ ラップ
  • ¥150

決して派手な曲ではないんですが

シンプルなBEATの上をテンポよく畳みかける彼のRAPに

どうにも中毒的にハマってしまいまして、

1996年の曲ですが

いまだにヘビロテです。

 

そんな彼が最近出したアルバムに

良い曲がいくつかありましたのでご紹介します。

 

そのアルバムというのがこちら。

Unquestionable Optimism

Unquestionable Optimism

  • People Without Shoes
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1500

 ザラついた質感のBEAT。

イナたいホーン&SCRATCH。

90's HIPHOPの空気感をそのまま

持ってきたような内容です。

 

なかでも私が気に入ったのがコレ。

Fruits & Vegetables

Fruits & Vegetables

  • People Without Shoes
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200

テンション高めのフックに思わずニヤリ。

首を上下に振りながらしばらく聴いてましたね。

 

もう一つはコレです。

Family Matters

Family Matters

  • People Without Shoes
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200

淡々と語られる彼のRAPと

90’sLIKEなBEATがいい感じに融合しております。

 

この2曲が発見できただけで

このアルバムを聴いた価値がありました。

 

気になる存在なので、

今後の作品もチェックしていくつもりです。

 

ではまた☆